システムエンジニアの種類

一口にシステムエンジニアと言っても、携わる内容によってその種類は幾つか挙げられます。プロジェクト全体の責任者として従事するのか、あるいはプログラマーとしても参加するのか、形態によって変わります。システムエンジニアを目指すのであれば、それぞれの仕事内容について種類ごとにしっかり把握しておかなければいけません。

大きく分けると、アプリケーションエンジニアとシステムアナリスト、そしてプロジェクトマネージャーとなります。まずアプリケーションエンジニアとして行う業務には、プロジェクトの計画に沿って業務の分析から設計、プログラミングにテスト検証などがピックアップされます。そして完成までを一貫して行うことになるのです。
次にシステムアナリストですが、計画立案者、例えば自前でシステムを組むなら自社となりますし、あるいはクライアントの立場でシステム設計を分析する作業です。
プロジェクトマネージャーとなるとシステム開発における様々な管理を行います。システム設計からプロジェクトに必要な人員の選別などを行うことになります。そしてコスト管理を行いつつ、期限内に完成させるためにメンバーの作業管理やリスク管理、そして品質チェックなどに携わるなど多岐に渡る能力を必要とされます。リーダーとしてのスキルを求められることになるので、技術面だけではなくビジネススキルも必要となるのが特徴です。
それぞれに求められる技能は異なるので、自分がどのキャリアに進むのか見定めながらどうスキルを高めていくのかを考えることが必要です。また年齢も考慮して計画的にスキル磨きを行うことが大事です。